パソコンにおけるキーボード入力作業の重要性

キーボード入力という作業

パソコンの世界は、日々新しくなっていますので、覚えるのが大変なものです。しかし、基本的なスキルとして、キーボード入力という操作は重要なのではないでしょうか。つまり、最近はGrahical User Interfaceが発達してきているとはいえ、キーボードから文字を打ち込むという作業は必要です。将来は音声入力ということも考えられるかもしれませんが、当面は実用的ではないでしょうし、タブレット型のパソコンでも、画面に表示されるキーボードを叩くという作業は必要になります。

パソコン・キーボードの変遷

昔は、キーボードの種類にもいくつかあって、1型キーボード、2型キーボード、A型キーボードと、各々キーの配列が若干異なっていました。そして、キーボード自体が高級感のある立派なものでした。それが、パソコンのコモディティー化によって、キーボードも貧弱なものになり、ノート型パソコンの普及によって、キーボードも小型化され、タイプ作業をしにくいものが多くなってしまいました。しかし、本当は、キーボードによるタイプ作業というものは、重要なのではないでしょうか?

ローマ字入力とかな入力

タイプライターの文化が薄い日本においては、まずアルファベッドの文字をキーボード・タイプするということに戸惑ってしまうものです。そして、アルファベッドのタイピングをマスターしたとしても、今度は日本語入力という壁が立ちはだかっています。もっとも、ローマ字入力方式を使えば、マスターしたアルファベッドのタイピングを使用することができます。しかし、もっとスムーズに日本語入力をしたいのであれば、かな入力をマスターしなければならないと言えます。

パソコン資格があればパソコンに関する仕事に就いたときに有利になるのでパソコンに関する資格は持っていた方が良いです。